第2号 2008年8月 【現役交流記念特大号】

<目次> -----------------------------------------------------------------
 1 ♪ダンモOB会・幹部紹介 〜 泣く子も黙る「ダンモ」のOB会長とは?...
 ------------------------------------------------------------------------
 2 ♪1枚の写真... 〜1975リサイタル ...(司会のタモリさんと)
 ------------------------------------------------------------------------
 3 ♪現役交流会... 5/20 w/タモリさん & 6/14 交流セッション@代官山
 ------------------------------------------------------------------------

 


[ Intro...♪ ] 残暑お見舞い申し上げます

ダンモOB会の皆様、メルマガの第2号をお送り致します。 今回はダンモの「熱き時代」を生きたシニア世代の方々から頂きました投稿を中心にお送りします。 ...かく言う編集長の私も、既にミドルと言うよりシニアの部に片足が入っておりますが、本OB会の「ジュニア」「ヤング」「ミドル」「シニア」の定義は又の機会に譲ることとして、先輩のご経験を毎度有難く拝聴いたしております。 意外と(?)結構面白いので、是非ご一覧あれ!

(メルマガ初代編集長・OB会幹事長 槙島和宏)


[ What's Up...♪ ]

● 3/15、早大・ニューオリンズ・ジャズ研究会の50周年記念イベントが開催され、ダンモOBを代表して木嶋会長・宇都宮副会長・幸田事務局長殿等が出席しました。その時の様子を幸田さんから頂戴しました。 幸田さん、有難うございました。

【記】
3/15(土)のニューオリ50周年記念コンサート、次々登場する社会人バンドもなかなかグレードが高かったですし、後半の「外山喜雄(tp)デキシーセインツ」「古川奈都子(p&vo)」などのプロバンドも素晴らしかったです。そして最後のサプライズ、ニューオリ現役の演奏に4月で79歳になるという北村英治さん(cl、慶応ライトOB)が「大隈講堂のステージは初めてです!!」と突如加わりフィナーレまでに参加。 客席を演奏しながら行進するなどとても感動的なコンサートでした。 ニューオリの事務局長の平井氏よりお礼のメールが届きましたので転送致します。(幸田稔)

♪NOJC平井です。 ニューオリ50周年に際し大隈講堂へ来て頂いたり花輪を戴いたり、有難うございます。 お蔭様で大成功と言って良いのでは、と思っています。 コンサートの後にOB・OG会を引き続き行いました。3部屋を借り、2部屋で若手とオジンが別れて同時にジャムセッションを行うなど盛り上がりました。 今後とも宜しくお願い致します。(平井昌美)

● 4月3日新宿にてOB会・幹事会メンバーと、現役の幹事長・ジャーマネ・会計との交流会が行われました。 現役のメンバーのスキルアップや活動の更なる活性化などについて、様々な意見交換を行いました。 また、OB会としての様々な実験的提案なども行いました。 現役の活性化の為に今後はOB会内部のコミュニケーションに留まらず、現役との交流や支援等も併せて活性化して行きたいと存じます。 皆様のご賛同を得られれば幸甚です。

● 5月20日に新宿「J」の経営会議の後、OB会・幹事会のメンバーの声で現役の幹部を呼び、タモリさんを囲んでの飲み会を行いました。 その時の様子を、参加した現役の2008年度ジャーマネ・小松君の報告を下記に掲載しています。

● 6月14日に現役とOBの交流セッションを開催しました。 試みにて幹事会から一部のOBの方々にお声をかけさせて頂きました。 多くの方々のご賛同を得て参加頂きましたことを厚くお礼申し上げます。 当日の様子につきOB会副会長の長尾さんに記事を頂戴しました、記事の方をご参照下さい。

● 7月6日、「早稲田大学白井総長を囲むゴルフ会」が行われ、ダンモ研OB会を代表して木嶋会長がゴルフの後の懇親会に参加されました。 会長から簡単な報告を頂いてますので下記致します。 会長、有難うございました。

【記】
東京から新幹線に乗り、沼津駅で降りてバスの路線を確認していたところ、ばったり鈴木チン先輩(鈴木良雄さん)にお会いしました。 出発路線番号を確認しそのバス停へ向かったところ、そこでは佐々木前会長にまたばったり。と言うわけで、3人でタモリ先輩のリゾートレストラン「太助」に向かいました。早稲田の先輩の露木さんや同じくかつてフジテレビでご活躍だった小林大介さんともお会いし、楽しい語らいの時間を過ごさせていただきました。ボニーさんともお話させていただきました。

驚いたのはしかし、その懇親会の場でも佐々木さん(前ダンモ研OB会長)の昭和天皇のモノマネが有名だったこと。 この日も本領発揮で人気独占。たいしたものです。 参加者一人ひとりがご挨拶をと言うことで私もマイクを持たされましたので、3年後の創立50周年記念総会へ向けて鋭意努力中である旨宣言してきました。 これで後戻りは出来なくなりましたねぇ(笑)。

白井総長には記念写真を1枚お願いしましたので添付いたします。露木さんとのモノも同様に添付します。 写真の年号がずれていますが、無視してください。 でも、練馬、沼津往復はやはり疲れました。 品川で降りる筈が寝込んでしまい「東京〜」のアナウンスで起こされました。(会長、本当にご苦労様でした♪)


▲ 白井総長と木嶋会長



▲ 露木さんと木嶋会長

 

● 創刊号にてご紹介しましたが、本年度のOB会総会の日取りが決定致しました。「2008年9月27日(土曜) @高田馬場「コットンクラブ」です。 多くのOBの皆さんの参加をお待ちしております。(巻末も参照下さい)

● OBの皆さんからのメルマガへの記事の投稿をお願い致します。内容は特に限定しませんが、編集室にて多少の調整をさせて頂きます。広告・宣伝ではなく、出来ればダンモらしいマニアックな内容を歓迎いたします。本件に関する問合せや投稿先につきましては、巻末をご参照下さい。

● メルマガをより多くの方々に配信して行きたいので、OB会のメンバーのeMailアドレスを確認頂ければ幸いです。最新版のOB会名簿でご自分のアドレスを確認頂き、必要なら事務局までアップデートの情報を下さい。また前後の世代含めて交流がある方でご本人の了解が得られるようであれば、その方々のアドレスも合わせてご連絡下さい。

● 去る8/4に電子メールでご登録の会員皆様に9月27日(土)に予定されていますダンモ研・OB会総会の御案内状を発送させて頂きました。 一部内容に漏れがございましたので、お詫びの上訂正版を下記URLにて掲載させて頂いています。
/danmo-ob/news/n_2008/0808_OB_annai.pdf
インターネット閲覧が出来ない方は、巻末の編集室アドレスまでメール下さい。 内容をメールにて再送申し上げます。

[Theme (1)...♪]

メルマガでは、暫くOB会の現幹事会のメンバーにご登場頂き、あまり馴染みの無い若い世代の方や、顔と名前と経歴の記憶が一致しない超シニアの方々にも自己紹介頂きたいと存じます。 この「ダンモ研の推進力」のような方々の事を知っておいて欲しい、という編集長の独断企画です(笑)。

 
[Improvisation ...♪]
★ ダンモOB会・幹部紹介 〜 泣く子も黙るダンモの会長とは?... ★
早大ダンモ研・OB会 会長 木嶋 二郎氏(ベース)
1976年卒・マネージャー
早稲田大学OB会会長の木嶋です。1972年入学・76年卒で、在学中はマネージャー兼ベース担当及びタモリ先輩、佐々木前会長も所属した影の「芸能部員」でした。(何のことか分からない方には今度ご説明します)。

OB会を主催しますと、参加される多くの方々の中では私も一若輩者に過ぎませんが、若いOB会員の方から見ればまさしくオトーサン世代の代表でしょう。私にも1男1女がいますが、二人ともすでに就職しています。 自覚する以上に自分がダンモ研OB会の中にあっては、ズ〜ッと上の世代に属するのだと思い直し、若いOB会員の皆さんとの距離を鑑み、改めて自己紹介したと思います。

前記の通り学生時代にはベースを担当。 楽器にも触っていましたが、同時にダンモの同期仲間で集まっては、ミーノしながらジャズの話しで盛り上がっていました。 テーマはマイルスとコルトレーン、どっちが偉い。 私はマイルス派でした。 どっちも偉いのに、今思うと赤面の至りです(笑)。

また、ダンモ内では勝手に私的「アイビー同好会」「アイドル愛好会」「お笑い番組研究会」も結成。 ロン毛やベルボトム(今は何ていうの?)全盛の中、細々と2〜3名の仲間とボタンダウンに身を包み、山口百恵や桜田淳子、南さおり等に萌え萌え。そして毎週の「ゴッド姉ちゃん」の出来を採点する日々でした。(この辺のことは、オトーサン、オカーサンに聞いてもらえば教えてくれるでしょう)

こんなことばかりしていたので、実はベースのテクはそれなりで、リタイア後を見据えた昨今、またベースを手に取るようになりましたが、今のほうがその頃より弾く時間はずっと多いほどです。 ...と言ったことばかり書くと、「何でそんな奴がOB会の会長に?」と思われることでしょう。 実は、マネージャーとしては結構一生懸命頑張りました。老朽化したアップライトピアノの買い替え、ベースアンプの購入、楽器搬送車の購入。そのためのゴトシの手配。そして当事散逸していたOB会名簿の整理にも尽力した思いがあります。 ダンモを代表するOBのタモリさんと知り合えたのも、マネージャーとしてOB会を開催したときに初めてお会いし、九州でのビータのアレンジをお願いしたのがキッカケでした。そんなこんなで、多くの先輩諸氏と面識を持たせて頂いたご縁で、会長就任を要請されたようです。 (何てのは実は二の次で、真相は先に記した芸能部所属経験が一番の理由です)

卒業以来30年を超えようとする中、20代、30代あるいは40代のOBの方々と無理やり共通の話題を見つけようとしても叶う訳がないことは、十分に承知しています。しかし私達にはほかの何にも代え難く、相通ずるJAZZがあります。ひとつのテーマ、ひとつのキィ、ひとつのリズムがあれば世代を超えた時間、空間を共有できます。 先日、恥ずかしながら、ニューヨーク在住のベーシスト中村照夫さんに我々のグループのプレイを偶然聴いてもらう機会がありました。中村さんからは「ジャズのハートが感じられるし、本当に真剣に音楽に向かい合っているのが感じられました。音楽にはプロもアマチュアもありませんね...」とのご感想を頂きました。 まさに音楽には、「世代も性別もありません」と申し上げたく思います。今後とも世代を超えた交流を高めたく、自己紹介に代えさせて頂きます。 (お終い..)

(木嶋会長、有難うございました!)


[Theme (2)...♪]

さて今回は、年次のOB会に来られたことのある方なら見たことがある筈の「あのオヤジ」からの投稿を少しご紹介します。(笑) まずは宇都宮荘太郎さん(77年卒・ドラム)の記事から! 宇都宮さんはOB会でセッション進行や事前のアレンジなどをお世話頂いています。 宇都宮さんに実力を認めて頂かないと、たとえOBと言えど総会でのセッションには出られない?(笑) 否々、そんなことは全然無いようですので、今年のOB会には是非皆さんからの参加の申し入れをお待ちしております。(笑)

 
[Improvisation ...♪]
★ 1枚の写真... ♪1975年 ダンモ・リサイタル ...(司会のタモリさんと) ★

(寄稿: 2008年3月20日 宇都宮 荘太郎 1977卒・ドラム)


▲ 1975年リサイタル 司会のタモリさんと打合せ

 

この写真は千代田公会堂で行なった第18回リサイタル(1975年12月8日)の司会打合せの際のひとコマです。 ネガなど残っておらず、ベタ焼きから再撮したため画質は良くありませんが、タモリこと森田一義さん(69卒)をはさんで、左は幹事長の石原幹君(77卒)、右はマネージャーの私宇都宮荘太郎(77卒)、後ろに立っているのは、隅倉法夫君(77卒)です。

1975年の夏のビータ(演奏旅行)の際、当時博多在住でサラリーマンをしていたタモリさんに九州地域の演奏場所等のアレンジをして頂きました。その九州ビータの最終日に、博多のジャズクラブ「コンボ」で私達の演奏とタモリさんの漫談で、「ジャズと漫談の夕べ」という特別企画を行いました。デビュー前とはいえ、タモリさんは、「北京放送」や「四ヵ国マージャン」など、後に大当たりするネタを次々と披露、ジャズクラブの中は大爆笑で埋めつくされた為、同じステージで行なった我々の演奏は全くかすんでしまいました。

既にその時タモリさんは東京に出て芸能界で身を立てて行く決意を固めておられて、デビューに向けて翌日の新幹線で我々と一緒に東京に向かうことになっていました。 しかし当時ダンモ研のマネージャーだった木嶋二郎現OB会長(76卒)が、その夜の打ち上げで飲みすぎて、あろうことか約束の新幹線に乗り遅れる事態となってしまったため、我々はタモリさんの門出にご一緒する事は出来ませんでした。

タモリさんは一人で予定通りの新幹線で東京に向かい、その足で赤塚不二夫さんのマンションに転がり込みました。 その後のご活躍は皆さんご存知の通りです。

...そんな関係から、この年のダンモ研のリサイタルには、デビューしたばかりで爆発的な人気が出始めていたタモリさんに司会をお願いしました。その時、お支払いしたギャラは、確か2万円(!)だったと記憶しています。2枚目の写真は、そのリサイタルで司会中のタモリさん(30歳)です。


▲ タモリさん(30歳!)
(1枚の写真 「1975年 夏のビータ」に続く...)

[Theme (3)...♪]

自分自身がダンモの現役であった当時から、OB会というのは「偉い人達のソサエティ」みたいなイメージがあり、若輩の自分達からすれば「OB会入り」は即ち「殿堂入り」みたいなもので、偉くなれないと(演奏者として名をなさないと)OB会メンバーとして活動出来ないものと言うイメージがありました。そんなイメージは「勝手な幻想」に過ぎないわけですが、そうしたイメージが4月の現役との交流会(ミーノ)で「未だに残っているなぁ」と感じたのは私目一人ではなかったようです。 で、OB会幹事会から積極的に現役の連中に声をかけて、現役の活動の支援も含めて交流を深めよう、と。 そんな訳で、4月の交流会の翌月、タモリさんを交えての「ミーノ」と6月、現役諸君との「交流セッション@代官山」が次々とオーガナイズされました。

 
[Improvisation ...♪]
★ 現役交流会... 5/20 w/タモリさん & 6/14 交流セッション@代官山 ★
【5月20日・OB/現役交流会@新宿】
(寄稿:2008年度マネージャー 小松大祐)

去る5月20日、私達現役幹部は木嶋会長のお誘いで『J』役員会後の飲み会に参加させていただきました。

タモリさんが来るとの話を聞き、芸能人に会えるという淡い期待を抱いて参加したのですが、良い意味でタモリさんには期待を裏切られた?と感じました。 タモリさんと話をしていると、テレビを通して見ていたままであるにも関わらず、芸能人としてではなく、いち「ダンモOBのタモリさん」なのだとはっきりと感じられたからです。


現役幹部とタモリさん

 

タモリさんを始め、OBのみなさんに飲み会で様々なお話を聞かせて頂きました。 その中で、木嶋さんのお言葉ですが、「年齢も親子程離れていてほとんど何の共通点もないOBと現役が、ジャズを通して繋がっていけるというのは素晴らしい事じゃないか」とおっしゃっていました。 先日の飲み会を通して、私は正にその通りだと思い、貴重な体験をさせていただいた事にとても感謝しています。

 

長い間、交流の機会がなかったOB会と現役ですが、木嶋さんのお言葉のようにジャズを通して交流する形を作っていければと考えています。6月にはOB会と現役でセッションをする話も持ち上がっています。 少しずつですが、OB会と現役の間の溝を埋めていけるよう、現役最後の一年間、努力していきたいと思います。

最後に、貴重な場を提供してくださった、宇都宮さん、木嶋さん、幸田さん、タモリさん、佐々木さん、本当にありがとうございました。

【6月14日・現役交流セッション@渋谷・代官山】
(寄稿: 2008年7月1日 長尾 和人 1980卒・ギター)

今回の催しは、この春にダンモ研新マネージャーとなりました小松君とOB会幹事会との打ち合わせの中で、現役とOBとの交流の場をもっと増やしたいとの意見から、何人かのOBと現役でライブセッションをしてみよう、という企画が生れました。 当初参加者が少ないのではないかと思われましたが、当日蓋を開けてみるとなんとOB19名、現役12名が参加の大盛況となりました。 このライブは6月14日(土)代官山レザールに於いて、5時過ぎから11時頃まで約6時間に及びOB,現役が入り乱れブルース、スタンダードからSpainまで演奏曲は30曲以上となりました。 今回参加の最年長のエルヴィン小倉さん(67年卒)と現役C年との年齢差はほぼ45歳でした。今回のセッションはOBにも現役にも好評でしたので、OB会とは別に今後は年に1-2度企画したいと 思っております。OBの方々の参加を期待しています。


[ Check it up...♪ ]

● 本年9月27日に「ダンモ創立47周年・年次OB会総会」が、昨年同様高田馬場の「コットンクラブ」で開催される予定です。プロ・アマのプレーヤーに限らず、ダンモの熱気に触れたい方々は是非今からご予定下さい。メルマガでは総会までの日数を毎号カウントダウンして行く予定です!本日(8月15日)時点で「総会まであと... 50日!」

● ダンモOB会のホームページには、ダンモ出身のプレーヤーの方々のHPへのリンクが掲載されています。 ライブスケジュールなども掲載されていますので是非一度ご一覧下さい。 プレーヤの方で、まだOB会HPへのリンクを張っておられない方、ご希望があれば本巻末にある「問合せ先」までご連絡下さい。OB会HPリンク集のURLは下記。
/danmo-ob/links/links_top.htm

● ダンモOB会では、会の円滑な運営と各種事務連絡、及びOB会の活性化の為の活動の為に、年会費¥3,000を頂いています。通常は総会出席の折に総会参加費¥4,000と併せて現金でお支払頂いております。総会に参加できなかった方々からも広くお志を頂き、今後の会の発展の為に活用させて頂きたいと存じます。振込先は以下の通りです。

■金融機関: 大東京信用組合 新宿支店 普通口座 2899601
■振込先: 「早稲田大学モダンジャズ研究会 OB会事務局 幸田 稔」
 (恐縮ですが、振り込み手数料は、各自ご負担下さい。)
■事務の都合上、お振込みの際に卒業年を西暦でお名前の前に!
 (例えば「1986山田太郎」です。卒年確認ご希望の方は事務局まで。)


[ What's Next?...♪ ]
次回は幹事会メンバーの紹介を含めて、「あのときゃ...」関連記事およびマニアックな楽器ネタなど紹介して行きたいと思います。 また海外オランダで活躍する女性OBのご紹介も、写真を取り混ぜてお送りしたいと存じます。乞う、ご期待!
本メルマガは四半期を目標に発行していこうと考えておりますが、今後の皆様からの寄稿の状況などから、月次程度まで引き上げて行きたいとも考えております。数年後に来たる50周年を盛り上げる為にも、皆様からの絶大なご協力を期待申し上げております。宜しくお願いします。(編集長)

[ Ending...♪ ]
巻頭「What's Up」でもご紹介しましたが、今後もOB会の皆さんの親睦を目的として、特に記事の内容を限定せずに本メルマガにて皆様の活動のご報告を紹介していきたいと存じます。皆さんからの寄稿が沢山集まれば今後も定期的に刊行することができますので、是非ご協力の程お願い申し上げます。 本メルマガへの寄稿・ご意見・お問合せ、またその他OB会に関するお問合せは下記までどうぞ!
ダンモOB会メルマガ編集室: danmo_ob-ml@googlegroups.com

最後までお読みいただき、有難うございました!
早稲田大学 モダンジャズ研究会 OB会 メールマガジン
編集長・槙島和宏(ts・82年卒)

- Home -