第3号 2009年3月 【第47回OB会記念号+09年新年号】

<目次> -----------------------------------------------------------------
 1 ♪第47回OB総会... 〜過去最大12バンド競演・勝手な講評ダンモ流
 ------------------------------------------------------------------------
 2 ♪シリーズ「1枚の写真」... 〜往年のビータ・ダンモカーの記録から
 ------------------------------------------------------------------------
 3 ♪タモリ先輩のお店で... 〜「白井総長を囲む懇親会」にて
 ------------------------------------------------------------------------
 4 ♪ダンモ・世界を行く 〜ダンモのとってもダッチなお話...(オランダ編)
 ------------------------------------------------------------------------


[ Intro...♪ ] 

ダンモOB会の皆様、メルマガの第3号をお送り致します。 毎度ながら発刊が遅れまして誠に申し訳なく存じます。今回は昨年9月末に開催されました第47回ダンモOB総会@高田馬場のご報告を含めてお送りいたします。

OB会では参加された方々から「メルアドを登録しているのにメルマガが届いていないよ」とお聞きしました。送信した筈で不達通知も届いてないのに...。どうもITのからくりの不思議に頭を悩ませている幹事会であります(笑)。 下記、幹事会による反省会でも決議されましたが、この際「若手ITスタッフ緊急募集」をさせて頂きたいと存じます(笑)。

(メルマガ編集長・OB会幹事長 槙島和宏)


[ What's Up...♪ ] 

● 2008年9月28日土曜、第47回ダンモ研OB会総会が高田馬場コットンクラブで開催されました。70名以上のOBの方々と、現役のメンバーも加えて総勢80名を超え、参加バンドも史上最高の12バンドとなり予定を1時間以上超過しての「ダンモらしい」集いとなりました。ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました! 当日参加されましたバンドのメンバーと演目などについては下記URL参照下さい。またこの日のジャムセッションの様子を記録し、DVDにしてあります。ご希望の方々には、本誌最下段 「Check it Up」の紹介文をご参照下さい。
/danmo-ob/p_album/20080927/2008_ensousha.htm

● 9/27のOB会の後、これまた盛大に「ダンモOB会総会・第47回二次会」が渋谷(代官山)「レザール」にて催されました(笑)。これについても別途、総評を本号に掲載しております!

● 2008年10月20日、OB会・事務局長の幸田さん(68年卒・As)のお店でダンモ研に関わりの大変深い新宿「J」が30周年を迎え、OBの1人である増尾好秋さん(69年卒・Gt)のグループが出演されました。

● 2008年12月11日、幹事会が開催されて2009年度の活動についてオープンな協議が行われました。現役交流セッションや1泊合宿の話など様々な取り組みについて前向きな議論を行いました。

● メルマガをより多くの方々に配信して行きたいので、OB会のメンバーのE-mailアドレスを確認頂ければ幸いです。最新版のOB会名簿でご自分のアドレスを確認頂き、必要なら事務局までアップデートの情報を下さい。また前後の世代含めて交流がある方でご本人の了解が得られるようであれば、その方々のアドレスも合わせてご連絡下さい。


[Theme (1)...♪]

ダンモ研OB会総会は、このところ10年くらいの間は毎年9月最終週末土曜の午後に開催してきました。冒頭「what's up?」でご紹介しました様に、昨年9月28日は高田馬場「コットン・クラブ」にて総勢80名を超える方々にお集り頂くことが出来ました。ご参集頂いた皆様に再々お礼申し上げます。大変有難うございました。

 
[Improvisation ...♪]
★ 第47回OB総会... 〜過去最大12バンド競演・勝手な講評ダンモ流 ★
(早大ダンモ研・OB会 幹事長 メルマガ編集長 槙島和宏 (82年卒・テナー))

OB会総会に当たっては、事前に演奏参加可能な方の意思を確認させて頂き副会長の宇都宮さんにバンド編成のご調整をお願い致しました。締切後にも飛び入り希望の方がいらっしゃったりしてご調整には大変なご苦労をおかけ致しましたが、結果として過去最大数のバンド数と人数で演奏する事が出来ました。演奏に参加された方、お喋りや飲む方に専念された方、皆さんお楽しみ頂けたのではないかと存じますが、如何でしたでしょうか?

当日は下記の曲目が順に演奏されました。(演奏者他詳細はHP参照下さい
 ◇ There will never be another you
 ◇ Confirmation
 ◇ Scrapple from the Apple
 ◇ The Days of Wine and Roses
 ◇ On Green Dolphin Street
 ◇ Cantaloupe Island
 ◇ All the things you are
 ◇ In your own sweet way
 ◇ Autumn Leaves
 ◇ Stella by Starlight
 ◇ I love you
 ◇ Spain
 ◇ Night Train
 ◇ In a sentimental mood
 ◇ Straight no chaser

最初の2曲は現役のレギュラーグループによる演奏でした。 バンドとしても各プレイヤーここの演奏も大変しっかりした安心できる演奏であったと感じます。今回のこのメンバーの中からまた優秀なプロの演奏家が育つかも知れません。OB会としても応援したいところです。

何と言ってもハイライトは「All the things you are」でした! 清水くるみさん(76年卒・Pf)、鈴木良雄さん(68年卒・Wb)、小山彰太さん(73年卒。Ds)のトリオでの演奏でありましたが、いやはや...。ジャズで最も良く演奏されることの多いこの曲も、このトリオにかかると何ともフレッシュで緊張感と安堵感の交錯する素晴らしい演奏となり、この時ばかりは賑やかな会場も静まり返って3人の心の対話とダイナミズムを堪能していました。さすがでありました! ドラムの小山彰太さんは「In a sentimental mood」でBlues Harp(ハモニカ)の演奏まで聞かせて下さいました。

また「こじのり」こと小島のり子さん(85年卒・Fl)と小山彰太さん(前述)+現役3年生の武田嘉之君(As)他のセプテットによる「Stella by Starlight」、ダンモ研の天皇陛下こと佐々木良廣名誉会長(66年卒・元Pf/現Wb)と幹事会・監事の小西勝さん(69年卒・Ds)、リハビリ完了現役復帰宣言も飛び出る数江良一さん(71年卒・Pf)による「Night Train」は、セッション中の演目の中でも大変秀逸なものであったとの評判でした!

編集部としてはあまり他大学のOB会での演奏を聴いたことが無いのですが、個人の演奏レベルの松竹梅こそあれ、ダンモ研OB会での演奏はその集まった人々の年齢の幅、経験の幅、世代の幅、センスの幅などを含めて全体として非常に高いレベルにあると実感しました。プロの世界でもアマの世界でも「日本のジャズ界にダンモあり」と言わせ続けたいと思います。

さて、予定を1時間オーバーしての高田馬場でのOB会総会は賑々しく終了しましたが、ジャズ魂に火のついたコアな人々はコットンクラブの前から互いに誘いあってそのままシータクで一路渋谷へ! 代官山駅方面にあるバー「Lezard」で二次会と相成りました。このお店は昨年、現役交流セッションの時にもお世話になったお店で、清水くるみさんや小山彰太さんもご一緒頂き、深夜まで盛り上がりました。殆ど酔っ払いセッションではありました
が、世代やプロ・アマを超えた心うちとける時間が、現役時代と変わらないダンモスピリットを感じさせてくれました。幅広い世代に色んな人がいて、それぞれに個性あふれる演奏をしてくれて、一緒にやるも聞いて呑むのも本当に楽しい1日でありました。ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。また次回2009年度第48回年次総会も宜しくお願い致します!

 

[Theme (2)...♪]

ダンモ研OBとなってから10年未満くらいの方々にはあまり知られていないかも知れませんが、ダンモ研では超貧乏運営ながらレギュラー・グループの対外演奏活動(特に地方巡業→ビータ)の為に、部で貨物乗用車を所有しておりました。この車は代々のレギュラー・グループと共に全国各地を巡回しており、ある意味「ダンモ研レギュラー・グループの一員」だったわけです。このダンモカーにまつわる話は色々ありますが、今回は幹事会・副会長の宇都宮さんから記事をおよせ頂きましたのでご紹介致します。

 
[Improvisation ...♪]
★ シリーズ「1枚の写真」... 〜往年のビータ・ダンモカーの記録から ★
(早大ダンモ研・OB会 副会長 宇都宮 荘太郎氏(ドラムス)1977年卒・マネージャー)


2目楽器車・デリカ号


1975年の夏のビータ(演奏旅行)で富山に向かう途中の写真です。
左から、なら春子(P.77卒,旧姓吉沢)、高橋裕一郎(Tp.77卒,故人)、
木嶋二郎(Mgr.76卒)、山下政一(b.77卒)、宇都宮荘太郎(Sub.Mgr,Ds.77卒)

 

♪ 1975年の夏のビータは、木嶋マネージャーの手腕もあって、(1)北回りコース(福島、五所川原、弘前、函館、札幌)、(2)富山コース、(3)南回りコース(京都、姫路、広島、大分、熊本、博多、静岡)と 3回に亘り夏休みのほとんど全部を使って全国のジャズクラブなどを回りました。北回り、南回りは、列車で移動しましたが、富山へは当時楽器車としてクラブで所有していた排気量わずか1400ccのこの三菱デリカに、ベース、ベースアンプ、ドラムセット、PAセットなどの楽器を満載した上、多分この写真を撮っているであろう岡山直樹君(77年卒・As、演奏責任者[演責])を入れた6名が乗り込んでの移動でした。

♪ 真夏の炎天下、クーラーもないこの小さな車の中に何時間もすし詰め状態。多分、今ならとても耐えられない汗だくの大移動でした。この車は、同期の小林右樹君(77卒)の家から5万円で譲り受けたもので本当に世話になった車ですが、入手してからろくに手入れもしないで大勢でめちゃくちゃに乗り回したからでしょうか、ある日、運転席のシートの下のラジエターパイプが破れて、運転中に熱い蒸気が大量に噴出、車内がミストサウナと化したり、根本がさびて腐っていたドアミラーがちょっとしたはずみでいきなり地面に落下したりなどさまざまなエピソードがあります。落下と言えば、移動途中になぜか車体から外れてしまったバンパーを何キロも戻って捜し出したりと、数々の逸話が残っています。どんな場合でも、我々はあわてず騒がず、ガムテープでぐるぐる巻きにするという秘伝の荒療治で乗り切ったものでした。私は、このガムテープだらけの車を預かっていたがために、部員の引越しに借り出されること数知れず、「荷室に大量の荷物を隙間なく積み込む名人」の名を欲しいままにしておりました。

♪ それにしても、2002年の10月、47歳の若さで高橋裕一郎君が亡くなったのは本当に残念で悲しい出来事でした。

 

(宇都宮副会長、ご投稿有難うございました!)

[Theme (3)...♪]

今年1月、早大白井総長を囲んでのゴルフコンペがあり、その後に行われた懇親会がタモリ先輩(69年卒 tp)のお店「太助」で開かれ、これにダンモOB会を代表して木嶋会長他4名が参加されました。 その時の簡単なご報告を会長から頂いていますので、ご紹介したいと存じます。

 
[Improvisation ...♪]
★ タモリ先輩のお店で... 〜「白井総長を囲む懇親会」にて ★
(寄稿: 2009年3月3日 OB会・会長 木嶋次郎(76年卒 ベース))


第5回 白井総長を囲む懇親会にお誘いを受け参加しました。






♪ 本年1月11日、今回で第5回となります早大白井総長との懇親ゴルフ・コンペ「ゴルフ戦友会」の終了後、総長を囲んで昨年の稲門祭に関係した方々による懇親会が開催され、このご案内を吉田武弘先輩(67年卒 Ds)より頂戴しましたので、ダンモ研OB会稲門会代表として僭越ながら顔を出させて頂きました。

♪ 今回も懇親会はタモリ先輩のお店「太助」で開催され、もちろんタモリ先輩もご参加。 会を取り仕切っておられました。また、前回はお見えにならなかったハイソOBの現在の日本のビッグバン界の寵児、守屋純子さんも参加されていました。会の後半でタモリ先輩も交えてのブルース・バトルとなり、これは2009年の幕開けを飾るに相応しい豪華なパフォーマンスでありました。

♪ これに触発されてか白井総長の美声も披露されるなど、和気藹々とした中での懇親会はいつにも増して盛況裡に行われました。会場では、先に不参加と報告を受けていた赤尾会計もひょっこり顔を出し、ダンモ研からは4名が参加。ここでも吉田先輩のリーダーシップの発揮によるダンモ研のプレゼンスは十分に発揮されていたように感じました。 吉田先輩も仰ってられましたが、ダンモの存在感はなかなかのものと見受けられました。 また、会場ではハイソの現OB会長の望月氏、或いはナレオOBの桜井氏らをはじめ。多くの音楽関連の稲門会OBと交流を深めることができ、早稲田の音楽関連団体の結束の強さをひしひしと感じ再確認させて頂いた次第です。この懇親会は、毎回ライブの演奏に関しては各OB会持ち回りで準備されるようで、前回は、“ニューオリ”、今回は“ナレオ”のOBの方々が楽器の手配などされていました。ダンモ研が担当となる際には是非ご協力させて頂ければと思っています。 又その際にはOBの皆様のご協力を頂きたく、ご報告と併せて皆様にお願い申し上げます。

(OB会・会長 木嶋二郎)

(木嶋会長、有難うございました)

[Theme (4)...♪]

ダンモ研を卒業しプロの演奏家の道に入った人は少なくありませんが、中には少し異色の方もいらっしゃいます。 ジャズと云えば米国ですし、修行に行って戻って日本でプロとして活躍されている方も最近は多いと思いますし、或いは居残ってプロとして活躍されている方、米国と日本の双方にご自宅を構えて両地で活躍されている方、色々と思いますが、83年卒の玉井さんは欧州のオランダ・ロッテルダムでジャズの教鞭をとっています。 その玉井みゆきさんからご当地のジャズの話など、四方山話を少し送って頂きましたのでご紹介させて頂きます。皆さん、オランダにお越しの際は是非彼女にお声をかけてみて下さい!

 
[Improvisation ...♪]
★ ダンモ・世界を行く 〜ダンモのとってもダッチなお話... (オランダ編) ★
(寄稿: 2008年7月29日 玉井みゆき 1983年卒・ピアノ)


♪ 
ダンモ研OB、OGの皆様、お元気でしょうか? 人生紆余曲折を経て2001年11月27日にオランダのロッテルダム音楽院(ライトミュージック・Jazz科ピアノ・ハモンドオルガン)を卒業。ただ今ロッテルダム市のカルチャースクールSKVRのジャズスクールにて、オランダ人相手に教鞭をとっております。ロッテルダム市といえば、夏の風物詩「ノースシージャズフェスティバル」の本拠地、毎年7月になるとどこもここもジャズ一色です。 オランダといえば 「赤線地帯」「チーズ」「風車」「ドラッグ」「K-1」「スケート」いろいろと印象深い事柄がうかんできますが、ジャズも捨てがたし(笑)。そこで、今日はオランダ・ロッテルダム市出身のすばらしい歌手の話を...。

♪ 'Europe’s first lady of jazz' といわれる Rita Reys をご存知でしょうか?1924年にロッテルダム市で生まれた彼女。 数々のアルバム、競演を果たし、その地位は不動です。最初のご主人(ドラマー)Wessel Ilckenが亡くなった後、代わりのドラマーとしてリタのコンボに加わり、長年共に活動してきたのがPeterYpma。実はPeterは母校の恩師でもあり、近所に住むオヤヂ、でもあるのです。数年前、Peterの家に遊びに行ったとき「リタにも会ってみたいなぁ」と何気に言うと、すぐさま電話を取り上げて「おぃ、顔見に行くからな」と本人直々に電話...!なんだか突然「世界のリタ」に会う機会に恵まれてしまいました。

♪ ロッテルダムから車で1時間ほど、ユトレヒト市の郊外の彼女の自宅へPeterと共に出かけました。「こんにちは!」と出てきたオバちゃんがリタでした...!(笑)。オランダ人はヨーロッパで一番平均身長が高い国で女性の平均身長は170cmを越えているのですが、リタはとても小柄。あたし(154cm)よりちょっと背が高いくらい。とてもチャーミングな女性でした。2番目のご主人だったPimJacobsが亡くなったあと、独りで家に住んでいるのです。近所にお嬢さんが住んでいるのですが、どこもかしこもPimの思い出がにじみ出ていました。

♪ 「あたしね、お肉屋に行っても "あ、リタが来た" ってすぐわかっちゃうのよ」...と自分で言う彼女。歌う声と話す声がまったく同じなんです。お婆ちゃんになっても「オキャンな声」。本当に可愛らしいんです。歌は人生、歌は生活。そういう彼女。そのほかには自宅のアトリエで絵筆をとる生活。どうしてジャズミュージシャンは「絵心」のある人が多いのでしょうね? 「最初の亭主が亡くなっちゃって、次は若い男と結婚したら大丈夫と思ったのにPimったら先に逝っちゃったのよ」。アトリエにはPimとのステキな写真が...。何時までも恋するリタ。これが彼女の原動力のようです。見習わねば...!(笑)

♪ 今年もリタはノースシー・ジャズフェスティバルに出演、その変わらない声で多くの人を魅了していました。興味をもたれたら是非、彼女のアルバムを聴いてみてください。オキャンでビッチ(笑)な歌声が心地よく入ってくると思いますよ。次回はロッテルダムジャズスクールの驚くべき生徒達の話しをお伝えできたらと思っています。かなり笑えると思います〜!

 
(みゆきさん 遥かオランダから投稿有難う! 「続編」に期待してま〜す!)

[ Check it up ...♪ ]

● 来る3月30日、新宿のピットインにチンさんこと、鈴木良雄さん(Wb)率いるダンモOBトリオが出演されます! (夜の部・7時半開場、8時開演)。 新宿ピットインのホームページの紹介から...

【3月30日(月曜)】 鈴木良雄(B)・清水くるみ(P)・小山彰太(Ds)
♪ 長年に渡りトップ・ベーシストとして活躍し続けている鈴木良雄。エネルギッシュなプレイが魅力の清水くるみ&小山彰太。公式ライブでは初顔合せのこのTrio ⇒早稲田大学モダンジャズ研究会 OB Trio! いかなるサウンドが繰り広げられるか、乞うご期待!
http://www.pit-inn.com/sche_j.html

...この「初顔合せ」は、実は昨年のOB総会でのこの3人によるセッションでの演奏(前述の「All the things you are」)がきっかけになったようです。あの日聞かせて頂いた素晴らしい音楽の広がりを、どこまで発展させて頂けるのでしょうか? 楽しみな一番であります!

● OBの関 宏さん(81年卒・Gt)が去る3月1日にライブ・スペースをオープンしました! お店の名前は「Apple Jump」、場所は池袋の駅からすぐ、です。お店の詳細は下記URLを参照下さい。是非1度、足を運んでみて下さいね。
http://applejump.net

● 「ダンモ研OB会総会の記録DVDについて」
OB会では2004年度から毎年「ダンモ研OB会総会の記録DVD」を作成しています。撮影・編集は60年卒で山形放送に勤務されていた鳥海務さんが担当され OB会総会での演奏を中心に毎年2時間余りの映像作品に仕上げて頂いています。総会で演奏された方も演奏されなかった方も、また出席できなかった方もOB会の雰囲気を知るために是非ご覧いただきたい素晴らしい記録です。

特に2006年は、45周年記念として「ダンモ研草創期の記録DVD」との豪華2枚組です。 この「草創期の記録」は、68年卒の小澤泰司さんが作成してくださったものですが、1950年代のダンモ研の創設前夜から大学の公認クラブと認められ学生ジャズの頂点を極めた60年代、その伝統を引き継いだ70年代を中心に、過去の映像・写真・音源・諸先輩の証言などで構成したダンモ研OBの方には必携の貴重な映像記録です。 これらDVDを制作実費でお分けしています。
・2004年@新宿JAZZSPOT「J」(1,500円)
・2005年@渋谷「JZBrat」(1,500円)
・2006年「45周年記念総会@東京全日空ホテル」+「ダンモ研草創期の記録」
     豪華2枚組セットDVD(4,000円)
・2007年@高田馬場「Cotton Club」(1,500円)
・2008年@高田馬場「Cotton Club」(1,500円)

金額は梱包代・送料込ですが、振込の際の銀行手数料はご負担ください。
ご希望の方は、
・住所
・氏名
・連絡先アドレス
・電話
・卒業年(西暦何年の3月に卒業されたか、です。不明な方は大体でもOK)
・何年のDVDが希望か(複数枚も可です)
などをご記入の上、下記のアドレス(担当、77年卒宇都宮)までメールでお申し込みください。折り返しご確認のメールをお送りしますので下記口座に代金をお振込み下さい。
utsun@nifty.com

■金融機関: 大東京信用組合 新宿支店 普通口座 2899601
■振込先: 「早稲田大学モダンジャズ研究会 OB会事務局 幸田 稔」
 ネットバンキング口座名「ワセダダイガクモダンジャズケンキュウカイ」
 (恐縮ですが、振り込み手数料は、各自ご負担下さい。)
■事務の都合上、お振込みの際に卒業年を西暦でお名前の前に!
 (例えば「1986山田太郎」です。卒年確認ご希望の方は事務局まで。)

振り込みが確認出来次第、発送いたします。
DVDではなく、VHSご希望の方は、メールでご相談ください。
その他、詳細は遠慮なくメールでお問い合わせください。
utsun@nifty.com

● ダンモOB会のホームページには、ダンモ出身のプレーヤーの方々のHPへのリンクが掲載されています。ライブスケジュールなども掲載されていますので是非一度ご一覧下さい。プレーヤの方で、まだOB会HPへのリンクを張っておられない方、ご希望があれば本巻末にある「問合せ先」までご連絡下さい。OB会HPリンク集のURLは下記。
/danmo-ob/links/links_top.htm

● ダンモOB会では、会の円滑な運営と各種事務連絡、及びOB会の活性化の為の活動の為に、年会費¥3,000を頂いています。 今後の会の発展の為に活用させて頂いております。 振込先は以下の通りです。ネットからの振込ができるように、カタカナの口座名を追記しました。 もしお振り込みに関してお問い合わせがありましたら、遠慮なく事務局までメール下さい。 お待ち申し上げております。
事務局連絡先: danmo_ob-ml@googlegroups.com

 ■金融機関: 大東京信用組合 新宿支店 普通口座 2899601
 ■振込先: 「早稲田大学モダンジャズ研究会 OB会事務局 幸田 稔」
   ネットバンキング口座名「ワセダダイガクモダンジャズケンキュウカイ」
   (恐縮ですが、振り込み手数料は、各自ご負担下さい。)
 ■事務の都合上、お振込みの際に卒業年を西暦でお名前の前に!
   (例えば「1986山田太郎」です。卒年確認ご希望の方は事務局まで。)

【会計担当・赤尾さん(pf・80年卒)のメッセージ】
 皆様には、年会費等多大な御支援を頂き感謝申し上げます。 第47周年OB会・総会の会計報告をさせて頂きます。内容につきましては、OB会HP下記URLをご参照下さい。皆様の御協力を頂きながらも、現役支援の一層の充実、また50周年記念総会に向けなお財務の充実を図ることができればと考えております。重ねての御支援をお願い申し上げます。
 なお、OB会規約には、会計期間の定めが無く、従来より前OB会総会から今OB会総会までの期間について御報告させて頂きましたが、これを、第48期より、4月1日から3月31日までに改めさせて頂きたく、(平成20年9月30日から平成21年3月31日までの期間については別途御報告致します。) 御了承頂きますようお願い申し上げます。(会計担当 赤尾 敬一郎)
会計報告URL: /danmo-ob/kaikei/dnm_0809kaikei.pdf

(編集より)
 OB会の会費につきましては、善意の皆様のご意思に全面的に依存しています。 不況の折、誠に恐縮ではございますが、来るべき50周年へ心を盛り上げ企画を温めるためにも、何卒皆さんのご協力をお願い申し上げたく存じます。 今回のカタカナ口座名の表記でネットからの振込も可能と存じますので、何卒宜しくお願い申し上げます。


[ What's Next?...♪ ]
次回はみゆき嬢の「ダッチな生活」続編、ロッテルダムの巻や、ダンモ流の楽器オタクの話なども含めてお伝えして行く予定です。乞う、ご期待! 本メルマガは四半期を目標に発行していこうと考えておりますが、今後の皆様からの寄稿の状況などから、月次程度まで引き上げて行きたいとも考えております。数年後に来たる50周年を盛り上げる為にも、皆様からの絶大なご協力を期待申し上げております。宜しくお願いします。(編集長)

[ Ending...♪ ]
巻頭「What's Up」でもご紹介しましたが、今後もOB会の皆さんの親睦を目的として、特に記事の内容を限定せずに本メルマガにて皆様の活動のご報告を紹介していきたいと存じます。皆さんからの寄稿が沢山集まれば今後も定期的に刊行することができますので、是非ご協力の程お願い申し上げます。 本メルマガへの寄稿・ご意見・お問合せ、またその他OB会に関するお問合せは下記までどうぞ!
ダンモOB会メルマガ編集室: danmo_ob-ml@googlegroups.com

今回も最後までお読みいただき、有難うございました!
早稲田大学 モダンジャズ研究会 OB会 メールマガジン
編集長・槙島和宏(ts・82年卒)

- Home -