大崎龍治カルテット NYカーネギーホール公演

2009-05-18

75年卒のダンモ研OB大崎龍治さん (p) が、2009年6月27日 (土)、ニューヨーク・カーネギーホールでコンサートを開催します。コンサートタイトルは、「Ryuji Osaki Quartet: ETERNITY」。

その後、ニューヨークでレコーディングも行います。増尾好秋さん (69年卒) が、ミュージシャンのコーディネートとレコーディングのコーディネートを担当して実現しました。もちろんご自身もギタリストとして参加します。パーソネルは、大崎龍治 (p)、増尾好秋 (g)、トニー・マリーノ(b)、マーク・テイラー(ds) のクインテットです。

トニー・マリーノはデイブ・リーブマングループのレギュラーベーシスト、マーク・テイラーは、モンティ・アレキサンダートリオで活躍後、現在はルー・タバキングループ、秋吉敏子トリオのレギュラードラマーという豪華なメンバーです。

ニューヨークでの開催ですが、6月27日 (土) に現地を訪れる予定のダンモOBの方や、アメリカ在住のOBの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、足をお運びください! 詳細は、カーネギーホールのサイトにも掲載されています。

なお、このカーネギーホールコンサートの開催に先立ち、日本でも、「表参道Jazz Bird」 (2009年5月25日) と「新宿J」 (2009年5月26日) でライブを行いますので、こちらもよろしくお願いします。