ダンモ研50周年記念イベント顛末記

2012-01-11

会場は決定しましたが、次に直面したのは、どなたに出演していただくかと言う難題でした。ダンモOBには、プロだけでも50名あまり、アマチュアやセミプロを交えれば、出演候補のミュージシャンは100名以上にも上ります。ステージの時間にも限りがあるため、幹事一同は、年代やOB会への参加度などさまざまな要因を考え合わせて、慎重に検討を重ねましたが、すべての候補者に出ていただく訳にも行かず、さまざまな観点を考慮に入れた上で、出演者を決めさせていただきました。ご出演の叶わなかった方には、何卒ご容赦くださるようお願い申し上げます。

その後は、各OBミュージシャンへの出演依頼の連絡、チケットの作成と販売、寄附金募集、舞台進行の決定、音響、照明、楽器の手配、プログラム誌の作成、前夜祭、祝賀会…など多岐にわたる条件を一つ一つ乗り越えて50周年記念イベントの内容を煮詰めて行きました。

コンサートのパンフレットは、ダンモ研50年の歩みをまとめて50周年記念誌とすることを決定、68年卒の鑑賞部前田又彦さんが編集長となって、各代のマネージャーの中などから数名の編集委員を決めて、素材集めを始めました。1967年卒の小宮山昭さんが「Danmo 50」のロゴのデザインと記念誌の表紙にご自身のすばらしい作品を提供してくださいました。