キューバ旅行記 2012

2012-05-07

翌日は取り敢えずハバナ市内観光、クラシックアメ車タクシーでParque Centralへ、そこから旧市街をぶらぶら。ヘミングウェイが通ったので有名なEl Floriditaを覗き、道沿いの国営レストラン1ソンを聞きながらの昼食。食事後またブラブラが続き、海沿いにあるブンタ要塞(16世建立)の内部を覗き、スペイン時代に思いをはせる。

3時ごろ下町の方でstreet rumbaをやってるということで、タクシーを駆って移動。着いてみるとそこには我が引率者綾ちゃんの友達がうろついており、しばし彼女と旧交を温める (さすが綾ちゃんで、この後あっちこっちで旧友に出会います)。ところが何たることかルンバは終わっており (この辺は変に時間が正確)、そこで仕方なく近くのホテルでモヒート・ビールで喉を潤し、ホテルに帰還、夕食に備えて休憩。その夕食に綾ちゃんがいくら待っても現れない、しばし待つうちに電話があり、予約のタクシーが現れないとカリカリ2、我々はカリブに沈む夕日を見ながら宿のテラスで食前酒をグビグビ。


  1. ^ キューバの企業は基本的に国営ですが、最近はレストラン・宿泊施設・タクシー等の観光関連業は私営がかなり認められてきているとのこと。無論私営の方がはるかに味・サービスは上です。ちなみに関係ありませんが、住宅などは私有及びその売買がここ数年認められてきているとのこと。カストロからラウルに指導者が変わり、実質的にもいろいろ変わってきているようです。
  2. ^ 携帯電話は結構普及してます。但し料金がものすごく高いとかで、かかってきても出ないか、すぐ切っちゃうそうです。ちなみにドコモは使えますが、帰るとすごい請求が待っておりびっくりしますよ。