【報告】2012年7月・現役OB交流セッション

2012-07-07

2012年7月1日(日)に新宿「J」にて行われた、ダンモ研・現役学生諸君とOBの交流セッションのご報告です。(参加者名、演目などの詳細は「記録」をご参照下さい。) 

今回もOB会HPと世代代表ML宛てに呼びかけを行い、各世代の皆さんに水平展開頂いてOB会の新ホームページにて事前にエントリーを受け付けました。現役諸氏については、西辻幹事長の方で参加可否を取りまとめて頂きました。

参加者の世代のカバレッジは、卒年で60年代2名、70年代前半2名、70年代後半2名、80年代が3名、90年代前半が3名でした。現役諸君の20名併せて計32名が演奏に参加、他に演奏に参加されなかった方々も5〜6名いらっしゃいました。先のセッションが3月であまり間が空いてなかったのですが、また現役の「春のごくま」の日程が遅れて7/8となり、これを控えてバンド・リハで来れない人や中座の方々もありましたが、色々な意味で今回も盛会であったと考えています。ご参加頂きました皆様、誠に有難うございました。

今回はプロの先輩方の参加は殆んどありませんでしたが、チンさんこと鈴木良雄先輩 (68b/pf) が開始時間前からいらっしゃって、最後のブルースの始まる直前まで、ほぼずっとご一緒頂きました。OBからピアニストの参加がゼロだったこともあり、チンさんには2曲ピアノもご披露頂いて、参加者は大変ラッキーでありました。

今回チンさんはビータの帰りに羽田空港からそのまま「J」に足を向けて下さったとの由、再々深謝申し上げます。小職はチンさんの「Bass Talk」の最新のCDをサイン入りでゲットしました(笑)。

更に、今回は現役学生の中に既に有名なプロが2名。高校生の時からかなり有名で、2009年の『2009年最強プレイヤーズ・コンテスト』で初代グランプリを獲得してる1992年生まれの20歳、中島あきは (as) さん。もう1人は国音からの都内留学でダンモ研に参加している中山拓海 (as) さん。ラス前に、チンさんのベースで「All the things you are」をお二人に「アルト・サミット」お願いしたのですが、実に素晴らしかったです。またこの曲に参加していたピアノの早大D年の海堀弘太さんも素晴らしい才能を披露してくれました。

今回、全体の2/3が学生でしたが、全体に非常にレベルが高く、昨年の50周年イベントで高まったムードがより多くの人財を集めたようです。他学からの留学生が高いレベルの演奏をしてる中、刺激を受けながら早大生の部員の演奏もC年から高レベルであり、また全体の盛り上がりもあって更に他学の学生も引き寄せる様な現象もあるようです。今回交流セッションに参加出来なかったOB各位は、7/8のこぐま(詳細下記)を覗いて頂ければ、と存じます。また毎度のように参加して頂いておりますOB各位の皆様、見学応援の幹事会の皆さん、本当に有難うございました。

【2012年7月 幹事長・槙島

ダンモ研現役「春のこぐま」リサイタルご案内

7月8日日曜日、早稲田大学モダンジャズ研究会こぐまライブや​ります! 12時頃から『早稲田学館・b101』にて午後一杯、6時頃まで☆


One thought on “【報告】2012年7月・現役OB交流セッション”

  1. あの中嶋あきはちゃんが早稲田のバンドに参加?
    調べてみたら和歌山から東京に出てきて練習場や相手がいないらしく、ダンモ研に参加して腕を磨いているらしい。彼女が横浜ジャズプロムナードの最優秀賞を獲得した時に、小生丁度市民審査員で採点したからよく覚えている。ダンモ研のレベルにも納得しているようだからお互い切磋琢磨してジャズ界を盛り上げてほしいね。

    あきはちゃんのサイト:
    http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/author/nakashima-akiha/

Comments are closed.