ラテン・ジャズの注目盤を一つ

このところの早大ジャズ研の学生さん達はどうか分からないが、我々の若かりし頃即ちモダン・ジャズ全盛期の60年代後半~70年代初頭にかけての頃に、コンガやティンバレスの入ったジャズ (今言う所のラテン・ジャズだが…) と言えば、チャカポコ・リズムの能天気なジャズ Continue reading “ラテン・ジャズの注目盤を一つ”