50年史編纂の反省と今後の要望

記念誌担当より: 前田又彦さん (鑑賞部)

50年史編纂に携わることが出来たのはとても幸運なことでした。この編纂事業を通じて、今までお付き合いになかった先輩や、後輩諸君と交流ができました。一番感慨深いことは、ダンモ研が50年も続いて今日存在することでした。

Continue reading “50年史編纂の反省と今後の要望”

ダンモ50実行委員会より

幹事長より: 槙島和宏さん (ts)

現役時代に何も役職に携わっていなかった小職が、全日空ホテルで行われた45周年記念の行事の後に「50周年要員」として大抜擢されましたのは、恐らくは「キーム大魔王」を拝命していたからではないかと察します (笑)。50周年に当たっては、旧幹事会の皆さん中心に約2年の準備期間を費やして充分過ぎる程の議論をし、いざ企画を最終化して3月10日の全体会議にて『九段会館』とご報告したところ、翌日小職がその会議の議事録をメールで発信した20分後に何と大地震が勃発し、九段会館の屋根が崩落して犠牲者が出る事態となりました。10月30日当日、イベントに参加頂きました皆様に目撃頂いた「表」の現象もさることながら、大震災から当日に至るまでの “てんやわんや” こそが ダンモ研OB会の歴史に残る活動であった、と思っています。

Continue reading “ダンモ50実行委員会より”

モダンジャズ研究会創立50周年記念コンサートを終えて

早稲田モダンジャズ研究会OB会
前会長 木嶋二郎

我々早稲田大学モダンジャズ研究会は、本年創立50周年を迎え、この度これを記念し恵比寿ザ・ガーデンホールにて記念コンサートを開催致しました。この50周年の歩みは、単なる学生サークル活動の50年と言うに留まらず、毎年のように日本ジャズ界に若き演奏家を多く輩出し、日本のジャズの歴史の大きな部分を担ってきた50年でもありましたことは、胸を張って誇りうる大きな成果であったと、他のOBの方々と共にOBの一人として喜びに耐えません。

Continue reading “モダンジャズ研究会創立50周年記念コンサートを終えて”